▽MYLIFE_LOG▽

日常と本音を綴る。美味しいもの、考えること、話すことが好き。早大4年。

オトナになったんだぜぃ。

 

みなさん、こんばんは🌙

 

*****

 

この前、10年来の高校の友人に言われたんです、衝撃的なことを。

 

 

 

「Miyoってさ、、、本当に本当に自己評価低すぎない?

 

見てて不安になるよ。。

 

いつもゴールは明確に見えてて、そこまでいつも死ぬ気で頑張ってるけど

 

自分自身のことがまったくという程見えてない、

 

自分がどれだけ成功しても絶対自分自身を認めてあげないよね。」

 

 

 

「これはお世辞じゃなく、今まで生きてきて、

 

Miyoほど身を粉にして頑張れる子には会ったことがない。

 

確かに頑張ってる人には会ってきた。

 

でも、自分の範疇をはるかに超えてここまで頑張れる人には会ったことがない。」

 

 

 

 

(わたしがここで、うっそーーんみたいにふざけたら

怒られました。。)

 

 

 

 

「あなたには直接言わないかもしれないけど、

 

裏ではみんなすごくMiyoのことすごく褒めてるよ。」

 

 

 

 

「Miyoは頑張りすぎてる。

 

今やるべきなのは、走り続けることじゃなくて

 

一度立ち止まって今までやってきたことをきちんと

 

自分と向き合って、振り返って、

 

出来たことをきちんと認めてあげないとダメ。

 

そうじゃなきゃ壊れちゃうよ。

 

見てて危うい。」

 

 

 

 

「そういえば、あなたが過去に浪人して死ぬ程頑張って

 

偏差値を40くらいあげて、第一志望の早稲田に入った時、

 

本当にすごいことなのに、Miyoの第一声は

 

『でも第一志望の学部には行けなかったし。』だったよね。

 

あの時もこんなに頑張ったのに自分を認めてあげないんだって

 

ちょっと心配になったよ。」

 

 

 

 

そんなこんなで、

 

いろいろ本音を話した。

 

『このことは〜だから別に自分がすごいとは思わない。。』

 

みたいに言うと、

 

「それがだめ!ひとつひとつどんなことでも

 

確実に前に進んだことだから自分を認めてあげないと!!

 

自分がかわいそうだよ!!」

 

 

って怒られました。

 

 

 

 

でも確かに自己評価低すぎるなとは、話しててひしひし感じました。

 

 

 

フィリピンで出会ったサラリーマンにも

 

 

「Miyoちゃんはすごく頑張れる。

 

どこでも頑張れちゃうんだと思う。

 

だからこそ、不安になるよ。」

 

 

って言われて、

 

正直、???でした。

 

 

 

 

 

でもきっと見ててどこか危うくて、余裕がない、

 

そんな印象を持たれていたんだろうなって。

 

友人と話してて、分かった。

 

 

 

 

 

 

 

自分が今までやってきたこと、

 

頑張ってきたこと、

 

ノートに書いて自分で自分を褒めてみた。

 

 

 

 

、、気持ち悪かった。笑

 

 

 

でもなんだかすこし成長した気がした。

 

 

 

友人と話した日から、

 

もやもやが晴れてきて、

 

すごく穏やかな日々を送れるようになった。

 

わたしはすこし大人になった。

 

 

 

 

 

 

*****

 

 

 

 

それと、

 

 

がらっと話が変わって

 

先週、22歳になりました。

 

大学の親友に、品川プリンスホテルの39階のトップオブシナガワで

サプライズで祝ってもらいました、、!!!

 

 

グラスワインが1200円もしたけど、2杯も頼んでもらった💦

 

 

さらにプレゼントも頂いた、、!!

 

ケーキも出てきた、、、!!!!!

 

 

本当に感動したあ〜!!!!💓

 

ありがとう。

 

http://www.princehotels.co.jp/image.jsp?id=113300

 

f:id:mellowlyy:20161007151806j:plain

 

f:id:mellowlyy:20161007212231j:image

 

 

 

あとは学部の先輩からも手紙やプレゼントを頂いたり、

 

シンガポールやフィリピンからもお祝いのメッセージを頂きましたよ!

 

 

 

 

22歳、もっともっと自分を愛しましょう!💓

しあわせになりましょう〜。